ちんこを大きくする方法~器具と手術は最終手段!?

ちんこを大きくする方法~器具と手術は最終手段!?

ちんこを大きくする方法のうち、器具や手術を活用する方法を紹介します!

器具や手術を活用するちんこを大きくする方法は、あくまでも「最終手段」です!

効果は高いのは間違いありませんが、ちんこが痛くなる等の副作用があるからです。

どのちんこを大きくする方法もダメだったという人はチェックしてみましょう。

ちんこを大きくする方法に使える器具を紹介!

ちんこを大きくする方法に使える器具をいくつか紹介します!

ちんこを大きくする方法に使える器具を紹介!

いわゆる「ペニス牽引器具」「ペニス吸引器具」で、Amazonや楽天でも取り扱いがあります。

ペニス増大サプリと比べると公式サイトが少なく、品質保証を受けた製品を購入するのがやや難しいです。

その中でもおすすめのちんこを大きくする方法に使う器具は「アンドロペニス」と「アンドロヤマト」です!

アンドロヤマトはやや安く1万円未満で購入できるシリーズ(初代・V1など)がありますが、アンドロペニスは「アンドロペニス・ゴールド」が3万円近くするため、価格を気にする場合はアンドロヤマトがおすすめです。

アンドロヤマトでも高いと考えている人は、とりあえずAmazonで販売されている2000円くらいの器具を購入して、器具を使うちんこを大きくする方法がどのようなものかを体感してみるのをおすすめします。

ペニス牽引器具とペニス吸引器具の違い

アンドロペニス・アンドロヤマトはいわゆるペニス牽引器具で、引っ張って伸ばすのが得意です。

それに対してペニス吸引器具は「ペニスポンプ」等、電動でペニスを吸引して大きくするタイプのちんこを大きくする方法に使わる器具です。

アンドロペニス等と違って電動なので価格も高いと思われがちですが、Amazonでの平均価格はおおよそ4000円程度で、比較的安く購入できます。

ポンプに細かいメモリがついていて、ペニスの状態・吸引力等を表す電動パネルがついている場合もあります。

ちんこの状態を確認しつつ安心してちんこを大きくする方法を試したい人にはおすすめできます。

ちんこを大きくする方法で器具を使うメリットとデメリット

ちんこを大きくする方法で器具を使うメリットとデメリットも見ていきましょう。

ちんこを大きくする方法で器具を使うメリットとデメリット

ちんこを大きくする方法で器具を使うメリットは「効果が期待できる」事でしょう。

ほんの少しの期間ちんこを伸ばしただけだとどうしても大きくはなりませんが、3か月も継続して使えばちんこが伸びる可能性があります。

マッサージ効果としてはやや強めの効果で、伸ばしている間の血行促進はもちろん、物理的に引っ張っているのでいやでも形が変わってしまうようなイメージを持って構いません。

体内に必要な成分を入れない方法(チントレ等)の中では抜群の効果を発揮してくれます。

対するちんこを大きくする方法で器具を使うデメリットは「使っている間ちんこが痛い」のと「価格が高い」事です。

価格に関しては1万円台で購入できるアンドロペニス等は確かに高いですが、安いものだと2000円で購入は可能です。

妥協点等を見つければいくらでも節約でき、なおかつ継続してペニス増大サプリを飲むよりもはるかに安上がりです。

ペニス増大サプリの場合は1か月1万円は必要だと考えると、かなり安上がりです。

使っている間にちんこが痛くなる場合もありますが、使い方が合っているかどうかは確認してください。

注意点
特に、寝ている間もちんこを大きくする方法を試したいからといって、器具を装着したまま寝るのは絶対にやめましょう。

他にちんこを大きくする方法と比較した場合、どうしてもデメリットがやや多くなっているため、あくまでも最終手段として捉えてください。

それでも手術よりはリスクが少ない方法ではあるので、「他の方法→器具→手術」でちんこを大きくする方法を考えましょう。

ちんこを大きくする方法で手術は効果絶大!でも!?

ちんこを大きくする方法で手術を活用したい場合について紹介します。

ちんこを大きくする方法で手術は効果絶大!でも!?

手術をちんこを大きくする方法で使いたい・利用したい場合は、まずは専門のクリニックで診察を受ける必要があります。

手術が本当に必要なのか、他の方法がないか等を担当医と一緒に考えた上で意思決定を行えるからです。

担当医もペニス増大に関する正しい知識を持っているため、ちんこを大きくする方法で悩める男性の心強い味方になってくれます。

実際に手術をすると決めた場合の料金ですが、人によって大きな違いがあります。

クリニック代込みで10万円で抑えられる場合もあれば、20万円かかる可能性もあります。

処方箋をもらった場合はさらにお金がかかるかもしれません。

お金はどうしてもかかりますが、効果に関してはどのちんこを大きくする方法よりも絶大です!

成分を取り入れているわけではありませんが、現代医学をフル活用して、まるで整形外科手術のようにちんこの一部を大きくしてくれます。

どのような手術にも「リスク」がつきもので、失敗する可能性も0ではありません。

成功してもしばらくちんこが痛くなる可能性もあるため、安心安全のちんこを大きくする方法ではないと割り切ってください。

まずはチントレやペニス増大サプリ等を試してみて、それで効果がなくてどうしてもちんこを大きくしたい場合に、ちんこを大きくする方法として手術を選択しましょう。

手術前にクリニックへ「相談」という形で診察を受けるのもありです。

 

手術はあくまでも最終手段。

まだ増大サプリを試していないのであれば、ぜひトライ!

↓↓↓

ちんこを大きくする方法と言えばペニス増大サプリ!おすすめ3選!

当研究所が厳選したものですから、実感力はバツグンです!

ちんこを大きくする方法で手術するメリットとデメリット

ちんこを大きくする方法で手術をするメリットとデメリットも見ていきましょう。

ちんこを大きくする方法で手術するメリットとデメリット

ちんこを大きくする方法で手術するメリットは「効果が高い」のと「専門医を味方にできる」事でしょう。

医学に頼ったちんこを大きくする方法なので、効果に関しては原則として抜群だと考えて問題はありません。

さらに、手術前に専門医・担当医から診察を受けてちんこを大きくする方法でおすすめの方法や適切な処置を取ってもらえる可能性があります。

自分がどれだけちんこを大きくする方法を調べたとしても、知識に関しては専門医の方がはるかに上です。

自分の味方になってくれる事は間違いなく、親身に相談してくれる人が担当になってくれたなら恐いものはありません。

ちんこを大きくする方法で手術を使うデメリットですが、「お金がかかる」のと「リスクがある」問題です。

お金に関してはペニス増大サプリよりもかかってしまうため、どのちんこを大きくする方法よりも高いと考えてください。

リスクに関しては「手術失敗」と「成功後しばらくちんこが痛くなる副作用」が該当します。

失敗する可能性は低いとはいえ、一応可能性としては考えてきましょう。

成功後しばらくちんこが痛くなるのは半分仕様のような副作用で、ちんこの形を無理やり変えたのなら仕方がありません。

副作用を重く見る場合は、ちんこを大きくする方法で手術を選択するのはおすすめできません。

 

ちんこを大きくするのに手術は最終手段。その前にできる事は他にもあります。

↓↓↓

ちんこを大きくする方法を徹底解剖!

まずはリスクの低い所から始めましょう。

ちんこを大きくする方法、器具と手術のまとめ

ちんこを大きくする方法で器具と手術を活用したい場合について紹介しました。

ちんこを大きくする方法、器具と手術のまとめ

どちらもそれなりにリスクがある方法であくまでも最終手段ですが、器具の方がリスクが少なく価格も安いです。

評価の高いアンドロペニス等の購入がおすすめですが、試しに使ってみたい場合は安いちんこを大きくする方法に使われる器具で構いません。

手術は本当に最後の最後に試してみるのがおすすめで、試すにあたっても専門医とよく相談してからにしてください。

成功して副作用もなければどのちんこを大きくする方法よりも効果は高く、期待値だけなら他よりも優れています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です